ロータリー米山記念奨学会委員会    委員長 中山行夫

 

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会は、勉学、研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリークラブ会員の寄付金を財源として、奨学金を支給し支援する民間の奨学財団です。この奨学事業はその成り立ちから、『交流』を目的としたプログラムと言えます。それを実現するための制度が『世話クラブ・カウンセラー制度』です。本年度、伊丹ロータリークラブは、関西学院大学大学院 商学研究科で勉学している『李 素熙』奨学生の世話クラブをいたします。奨学生は、ロータリアンとの交流を通じて、奉仕の精神に触れ、自らの精神を磨いて、人生観・職業観を高めます。また、ロータリアンにとっても、金銭的な支援だけでは得られない感動と事業への深い理解が生まれて、さらなる支援への意欲を盛り立てます。そして、奨学生、ロータリアン双方にとって、大きな感動を生む事業だからこそ、日本最大の民間奨学事業にまで成長しました。『世話クラブ・カウンセラー制度』は、米山記念奨学事業の神髄です。

最後に伊丹ロータリークラブ会員の皆さま及び、ご家族の皆さま・事務局の吉永さま、

ご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。