地域社会奉仕委員会    委員長 田中 賢一

 

 ロータリーにおける社会奉仕については、決議23-34など、重要な決議があるにもかかわらず、その理論について、これまであまり伊丹クラブで議論されてこなかったような気がします。職業奉仕と社会奉仕は、どのように違うのか、伊丹クラブにおける社会奉仕はどうあるべきか、という根本的な問題について、まず議論してみるのはどうでしょうか?もちろん、これまで行ってきた「トライやる・ウィーク」などへの協力は、継続していきたいですが、今年度は社会奉仕の根本的な点について、フォーラムや、ファイヤーサイドミーティングの形で議論し、議論の結果を何らかの形で残せればと思います。